講到3月9號就一定要來回憶一下這首歌~當時的一公升的眼淚真的是賺走了大家不少的熱淚呀!雖然女主角回不去了,但是那時候純潔的她永遠烙印在我心中XD
好想去日本賞櫻阿~越過漫長的冬天櫻花開始綻放,畢業的季節也到來~日本人的浪漫就是在櫻花季時畢業~每每看到櫻花都會回憶起人生各個不同的重要階段的感覺

 

*歌詞是我辛苦逐字翻譯的,希望大家分享之餘可以註明出處喔!感謝大家♥

 

レミオロメン_3月9日

 

作詞:藤巻亮太   作曲:藤巻亮太

 

流れる季節の真ん中で
ふと日の長さを感じます
せわしく過ぎる日々の中に
私とあなたで夢を描く
處在流逝季節裡的正中
突然感到日子好漫長
在波波碌碌的生活之中
描繪著你我的夢


3月の風に想いをのせて
桜のつぼみは春へとつづきます
思念乘著3月的風
到了春天櫻花的花苞就會持續綻放


溢れ出す光の粒が
少しずつ朝を暖めます
大きなあくびをした後に
少し照れてるあなたの横で
滿溢而出的光芒粒子
漸漸溫暖了早晨
伸了大大的懶腰後
發現我在一旁的你不禁害羞


新たな世界の入口に立ち
気づいたことは 1人じゃないってこと
佇立在新世界的入口
我發現我不是獨自一人


瞳を閉じれば あなたが
まぶたのうらに いることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私も そうでありたい
閉上雙眼
深深烙印在眼中的你
給了我無限的力量
多希望我也能給你相同的支撐


砂ぼこり運ぶつむじ風
洗濯物に縮まりますが
昼前の空の白い月は
なんだかきれいで見とれました
夾雜沙塵的風
蜷縮了晾著的衣物
白晝天空裡的白色月亮
看起來是那麼的美麗


上手くはいかぬこともあるけれど
天を仰げばそれさえ小さくて
總有不順遂的時候
但只要仰望著天就會覺得微不足道


青い空は凛と澄んで
羊雲は静かに揺れる
花咲くを持つ喜びを
分かち合えるのであれば それは幸せ
湛藍的天空冷冽清澈
毛捲雲靜靜的飄著(毛捲雲就是高積雲)
等待花開的那份喜悅
能夠相互理解該有多幸福


この先も隣でそっと微笑んで
往後也要一直微笑陪在我身旁

瞳を閉じればあなたが
まぶたの裏にいることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私もそうでありたい
閉上雙眼
深深烙印在眼中的你
給了我無限的力量
多希望我也能給你相同的支撐

 

 

暖暖瓷器>>日式北歐風瓷器批發

歡迎光臨我的商店

全站熱搜

M 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()